これだから不動産屋は嫌われる|浦安・市川、東西線の戸建、中古マンション、リノベーション物件の売買・賃貸情報

お電話でのお問合せ

03-6822-4929

【営業時間】9:00〜21:00 【定休日】不定休

2020年08月26日

これだから不動産屋は嫌われる

皆さんこんばんは。
本日は、かつて私が在籍していた財閥系仲介業社の実態・・・

そこには昔も今も何も変わらない"囲い込み体質"が存在します。。
私に独立を促したのも囲い込みがあったからです。なんとも皮肉なものですね(-_-メ)

囲い込みとは、不動産会社が売り手・買い手双方を自社で発見し結びつけることでその双方から仲介手数料をいただくこと。特に売れ筋物件の場合は社内で既存顧客へ一斉アプローチが掛けられます。
レインズへの掲載義務があるため、ほかの業者の目にさらされる前に担当個人で、または営業センターで、それでも難しい場合は、社内で両手が取れるよう必死でした。
これは営業センターにもよりますが、少しでもレインズ掲載を遅らせる目的で、専属専任媒介契約をとらず
「あえて専任媒介で取れ!」という方針のセンターもありました。
(専任専属は5日以内、選任は7日以内にレインズ登録義務あり)

それでも、レインズに掲載されていまい他社から物件確認の電話、内見予約が入ろうものなら
「申し込みが入りました~」とか「売主さんが海外出張中で~」など平気で嘘をつきます。

 商売ですから、そらぁ誰しも儲けたい訳ですけど嘘はいけませんよね。そこまでするかって感じです。。

新築販売の時はデベロッパーから一定の手数料をいただく、いわゆる片手取引でしたので
中古を取り扱うようになって本当にカルチャーショックでしたね(;´Д`)

ま、そんな経験もあって’’買い専門’’のバイヤーズエージェントに特化しようと思えたので
今となってはよかったと言えるかもしれません☺

最近はエージェントを謳う不動産会社さんも増えましたが、
売り・買いにそれぞれ専門部隊を置いているだけで、
 結局普通の仲介会社やん(*´Д`)って 感じるのは私だけでしょうか。。

当社は完全なる買い専門のバイヤーズエージェントです♪
売り・買い両方の金額の満足を叶えるのは不可能なため、売りはやりません。 

時が来たら、バイヤーズエージェントについて掘り下げてみます。よかったら覗いてください♪ 
囲い込み
ページの先頭へ