結局のところ、おうちの買い時って?!|浦安・市川、東西線の戸建、中古マンション、リノベーション物件の売買・賃貸情報

お電話でのお問合せ

03-6822-4929

【営業時間】9:00〜21:00 【定休日】不定休

2020年07月02日

結局のところ、おうちの買い時って?!

この質問。本当に多いので書きます♪
 
これを読んでいる皆さんは少なからずマイホームに関心を持っている方だと思いますが、
 私は「購入を考え始めたその時がその人の買い時です」と説明しています。

なんなら、必要性を感じなければ買わなくてもいいとお伝えしています。汗
 
大体、不動産の購入検討のタイミングは「独立」「結婚」「出産」「(子の)独立」の機会です。

皆さんも今この時期なのではないでしょうか?
 
では皆さんにとっての良い住まい購入とは何なんでしょうか?
良いものを安く手に入れることでしょうか?

一般的に住宅ローン金利が下降している時には不動産需要が高まり価格が上がります。
すると金利が上昇し需要が落ち着きます。 
逆に金利が高騰していれば、買い渋りによって不動産価格は下落していくというサイクルがあります。

つまり、いつ買ってもそんなには変わらないということです。
 
私がはじめて家を買った時の住宅ローン金利は変動で0.925%でした。
当時はこれ以上下がらないと言われていましたが、それが今や0.4%ほどです。笑

当時私は3,850万円の住宅ローンを組み 月々107,339円でした。
仮に現在そのエリアの物件価格が200万円高騰して4,050万円になったとしても
0.4%で借りられたら月々103,352円となり、今買った方が得することになってしまいます。


だから今買いましょうとかそういうことではなくて、
お伝えしたいのは
 
人生の節目で必要性を感じたなら、その時に考えればいいということです(*'')

またいつか書きますが、団体信用生命保険に加入できたり、税金の恩恵を受けたり、
適切なものを買えばキャピタルゲインを得ることだってできる不動産購入はメリットがいっぱいです!

でも、ひとつだけ!
売りたくても売れない物には手を出してはいけません(/ω\)

これは
バイナーズエージェントの私に聞いてください!笑

LINEでもメールでもお気軽に♪
これ買おうと思っているんだけどどう?でも構いません^^

プロとして「良いものはいい、悪いものは悪い」とお伝えさせていただきます☺


思い立ったその時が貴方の連絡する時です♪

ページの先頭へ